本文へスキップ


こころの相談室

PTSD


PTSD(ポスト、トラウマチック、ストレス、デイスオーダー)
心的外傷後ストレス障害

DSM-Ⅳの定義として、「通常生活しているときには起こらないような、生死にかかわる緊急事態を体験したり、目撃した経験があること」と定義されています。

現在では、もう少し範囲は広く解釈されており「自然災害や事故、犯罪や虐待、持続的なストレスによって心理的な傷が残る心理的、身体的な後遺症」のことを言います。

脳科学ではPTSDにいたる脳の変化をこう説明しています。
まず、カテコールアミンが過剰分秘(この物質により脳内に強く記憶される)され、強烈な記憶として脳に記憶されます。

つぎにCRFというストレスホルモンが大脳辺縁系と下垂体をつなぐ神経系に変化をもたらし、身体の異常を起こします。
たとえば過呼吸、震え、動悸などです。

のちにエンドルフィンが分秘され、そのトラウマとなったことを思い出さないように、体が自然と反応していきます。

PTSDは普段なんともない生活をしていても、トラウマとなっている記憶に結びつくことがあると、フラッシュバックして体に異常反応が出てしまいます。

○回復方法

回復方法として、心理療法と伝統養生法として、古来から伝わる呼吸法や気功、坐禅が重要な位置を占めます。
心理療法では、心理カウンセリングを中心に行い、問題となる記憶を昇華し、物事の考え方や行動を修正して行くことで、トラウマを思い出しても症状に結び付かなくなります。

伝統養生法では、呼吸法や気功、坐禅をご自身で日々修練することで、自然治癒力を高め、脳機能を蘇生し体のバランスを整え回復していきます。

専門的な回復方法はこちら


    
社会不安障害テスト
全般性不安障害テスト
パニック障害テスト
強迫性不安障害テスト

前のページに戻る



 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談
mixiチェック
はてなブックマークに追加