不眠症テスト
アテネ不眠尺度AIS


アテネ不眠尺度(AIS)とは世界保健機関(WHO)が中心になって設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」が作成した世界共通の不眠症判定法です


●手順
この調査では、あなたがこれまでに経験した「睡眠のトラブル」について自己評価していただき、それを記録することを目的としています。
次に示す項目で過去1ヶ月間に少なくとも週3回以上経験したものについて、あなた自身が感じたトラブルの程度を選んで下さい。

過去1カ月間に、少なくとも週3回以上経験したものに当てはまるものをチェックする


A.寝つき(布団に入ってから眠るまで要する時間)

0いつも寝つきはよい

1いつもより少し時間がかかった

2いつもよりかなり時間がかかった

3いつもより非常に時間がかかったか、全く眠れなかった


B.夜間、睡眠途中に目が覚める

0問題になるほどではなかった

1少し困ることがあった

2かなり困っている

3深刻な状態か、全く眠れなかった


C.希望する起床時間より早く目覚め、それ以上眠れない

0そのようなことはなかった
1少し早かった
2かなり早かった
3非常に早かったか、全く眠れなかった

D.総睡眠時間

0十分である
1少し足りない
2かなり足りない
3全く足りないか、全く眠れなかった

E.全体的な睡眠の質

0満足している
1少し不満
2かなり不満
3非常に不満か、全く眠れなかった

F.日中の気分

0いつも通り
1少しめいった
2かなりめいった
3非常にめいった

G.日中の活動について(身体的及び精神的)

0いつも通り
1少し低下
2かなり低下
3非常に低下

H.日中の眠気

0全くない
1少しある
2かなりある
3激しい

※選んだ数字をすべて足し、その合計点で判断する


1~3点 眠障害の心配はない

4~5点 不眠症の疑いが少しある

6点以上 眠症の疑いあり。専門家に相談を

専門的な回復方法はこちら

トップページ
ごあいさつ
こころの相談室とは
心理療法とは
伝統養生法とは
問合せ
精神病の説明
精神病の各種テスト
精神病の回復方法 

精神病専門無料相談ができます.ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

 こころの病気無料相談