パニック障害テスト


パニック障害を診断していく基準として、一般的に次の13項目が挙げられています。
このうち3つ以下の場合は、「症状限定発作」といいますが、
4つ以上にあてはまる場合、「パニック発作」であり、「パニック障害」の可能性があるといえます。

動悸や脈が速くなったり、強く打つ手のひらに汗をかいたり、冷や汗をかく

全身のふるえや手足のふるえが起きる息切れや息苦しさを感じる

窒息感、または喉がつまった感じがする

胸の痛みや圧迫感、不快感を感じる

吐き気や胃の不調、突然の下痢が起きるめまい、ふらつき、または気が遠くなる感じがする

現実感がなく、自分が自分でないような感覚が起きる

自分をコントロールできず、気が狂ってしまいそうな恐怖におそわれる

このままでは死んでしまうという恐怖を感じる

体の一部がうずいたり、しびれたりするほてったり、寒気を感じる


パニック障害の典型的な症状であるパニック発作は、突然始まり、10分以内にピークに達します。
症状の持続時間は通常、数分から数十分で、長くても1時間以内に自然に治まります。
1度きりの発作ではパニック障害とはいいませんが、この発作が最低2回以上繰り返される場合は、パニック障害の疑いが濃厚になります。

社会不安障害テスト
全般性不安障害テスト
パニック障害テスト
強迫性不安障害テスト


専門的な回復方法はこちら


トップページ
ごあいさつ
こころの相談室とは
心理療法とは
伝統養生法とは
問合せ
精神病の説明
精神病の各種テスト
精神病の回復方法 

精神病専門無料相談ができます.ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

 こころの病気無料相談