パニック障害

パニック障害は不安障害のカテゴリーに属し、パニック症状を主とする心理障害です。
100人に2人から4人がなる病気です。
女性が男性の2倍発症します。
パニック発作の内容は動悸、窒息感、死ぬのではないかと思うほどの恐怖感、過呼吸などが発生する心身の病気です。
何度かパニックに襲われると「又なるのではないか」という予期不安がさらに不安および「広場恐怖」と呼ばれる恐怖感のせいで、外出が出来ない、電車に乗れない、車に乗れない、風呂に入れない、人ごみにいられない、嫌なことや人に会うだけでパニックになるなどの症状があります。
うつ病、躁鬱病と併発することも多いです。

○治療法について

薬物療法として抗不安剤を処方します。
抗不安剤は10分から15分で効果を発揮しますから有効な薬といえます。

薬物療法にて症状を抑えながら、根治療法として、心理療法や伝統養生法である、呼吸法、気功、坐禅と言った、ご自身が持つ自然治癒力を高めていく回復方法をお勧めしています。
心理療法では、「予期不安」と「回避行動」を改善します。
伝統養生法では、パニックを起こす脳機能障害を改善します。

専門的な回復方法はこちら    

社会不安障害テスト

全般性不安障害テスト


パニック障害テスト

強迫性不安障害テスト



トップページ

ごあいさつ


こころの相談室とは


心理療法とは

伝統養生法とは


問合せ


精神病の説明


精神病の各種テスト


精神病の回復方法

精神病専門無料相談ができます。ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

 こころの病気無料相談