躁うつ病

躁うつ病は正式には気分障害のカテゴリーの中で双極性障害と言い,双極性感情障害、双極性気分障害と言う場合もあります。
100人に1人がなるといわれていますが、内10人に1人が自死されるといわれています。
10代から20代に発症することが多いとされていますが、30,40代になり躁うつ病であることが分かるケースも多くあります。
遺伝的要因が高いとされており、血縁者に精神病を患われている方がいたり、自死されている方がいるケースが多くあります。

躁うつ病では、高揚した気分とうつが繰り返し現れます。
数年おきで入れ替わったり、頻繁に変化するラピットサイクル型のものもあります。
Ⅰ型とⅡ型がありⅠ型は主に躁状態が逸脱するほど強く出る事が多く、診断の基準としては、躁状態で入院歴があるとⅠ型と診断されることが多いです。

Ⅱ型は、躁状態で気分の高揚はあるものの逸脱するところまではいきません。
主にうつ症状が主な病状となります。
過去うつ病と診断されていて、経年する中躁うつ病に病名が変わることも多いです。
うつ病から躁うつ病に変化する場合、注意しなければならないのが、うつ病の薬の副作用から躁状態が表出している場合です。
うつ病の薬は副作用も強くあり、このため躁状態のような症状が出る場合もあり、注意して判断することが大切です。

世界で偉業を成し得た人や芸術家、作家、音楽家、政治家、芸能人などにこの病気の方が多いです。
障害年金基準で行くと2級となる事例が多いです。


〇躁状態の特徴として

気分の高揚
気分が極端に高揚する、怒りっぽい
自尊心の肥大
自分に特別の能力があると思う
睡眠欲求の減少
寝なくても平気である
多弁
良くしゃべる 早口
観念拡大
アイデアが次々に湧きおこる
注意散漫
気が散りやすく、集中力に欠ける
活動の増加、焦躁
仕事や勉強や人づきあいなどの活動が増加する。じっとしていられない
快楽的活動への熱中
買い漁り
性的快楽の追求 
意味のない投資等が増加する

鬱状態はうつ病と同症状となりますので「うつ病」欄を参照ください。

〇躁うつ病の治療法

現代医学では完治出来ない病気とされており、寛解といい薬物療法を継続しつつ社会復帰を実現していくことが目標となっています。
薬物療法のリチウム元素(リーマス)の服用が一般的です。
主に気分を安定させ、躁状態を抑制することが分かっています。
副作用として体や手足の震え、のどの渇き、多飲、多尿、体重増加、胃腸障害、甲状腺機能低下、軽度の認知障害があります。

これからの躁うつ病の回復には、心理療法と古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、ご自身が持つ自然治癒力を高める根治療法がとても大切です。
呼吸法や医療気功、坐禅と言った古来より伝わる養生法で、脳細胞を蘇生し脳機能障害と体のアンバランスを改善することで躁うつ病の回復が強く期待できます。

また、躁うつ病を発症するにいたったストレスや、心の問題を心理療法であるカウンセリングにて改善していくこともとても大切です。

専門的な回復方法はこちら


トップページ

ごあいさつ


こころの相談室とは


心理療法とは

伝統養生法とは


問合せ


精神病の説明


精神病の各種テスト


精神病の回復方法
 
精神病専門無料相談ができます。ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

 こころの病気無料相談