全般性不安障害テスト 
DSM-Ⅳ-TR 診断基準


1から5の質問に対し3つ以上該当する場合、全般性不安障害が疑われます。

1.多数の出来事、または活動について過剰な不安と心配が、最近6ヶ月間で、起こる日のほうが起こらない日よりも多い

2.上記の不安と心配を自分でコントロールすることが難しい

3.不安と心配は、下記の6つの症状のうち3つ以上が過去6ヶ月間に当てはまる日のほうが、当てはまらない日よりも多い

落ち着きのなさ・緊張感・過敏
疲労しやすいこと
集中困難・心が空白になる
いらだたしさ
筋肉の緊張
頭痛・頭が重い
ふるえ・動悸・息苦しさ・めまい
頻尿・下痢
首や肩のこり
睡眠障害:寝つきが悪い・途中で目が覚める。通常より2時間以上早く目が覚める・落ち着かず熟眠感のない睡眠

4.不安・心配・身体症状は、著しい苦痛を感じますか?

5.不安・心配・身体症状のために、社会的・学業的・職業的・家庭的に支障を来たしたり、問題を起こしていますか?

※注意:不安・心配の原因が以下のものは全般性不安障害に含まない

パニック発作

社会恐怖:人前で恥ずかしい思いをすること

強迫性障害:汚染されること

分離不安障害:家庭または身近な家族から離れること
神経性無食欲症:体重が増えること

身体化障害:複数の身体的症状

心気症:重篤な病気があると思うこと

薬物乱用・投薬 甲状腺機能亢進症

社会不安障害テスト

全般性不安障害テスト
パニック障害テスト
強迫性不安障害テスト


専門的な回復方法はこちら


トップページ

ごあいさつ
こころの相談室とは
心理療法とは
伝統養生法とは
問合せ
精神病の説明
精神病の各種テスト
精神病の回復方法 

精神病専門無料相談ができます.ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

 こころの病気無料相談