本文へスキップ


こころの相談室

家庭内暴力と精神病 



家庭内暴力とは、家庭内で起こる暴力行為。配偶者による暴力(夫から妻へ・妻から夫へ)のほか、親から子へ(児童虐待)、子から親へ、長子から下の子へ、孫から祖父母へといった、さまざまなパターンがある。家族内という閉じた人間関係の中で行われるので外部からは見えにくく、まして犯罪として発覚はしにくいことが多い。

以前は親が子に対して振るう暴力は「しつけ」と夫が妻に振るう暴力は「夫婦喧嘩」(あるいは痴話喧嘩)ととらわれていたことも関係して子とくに男子が身体的成長後に親に対して振るう暴力をさした。

近年はパートナー(配偶者、恋人、内縁など)への暴力は英語から引用したドメスティックバイオレンス(DV)(英語で家庭内暴力の意味。これが夫が妻に振るう暴力に限定されて使われているのは、この手の暴力が英語圏の家庭内暴力で特に顕著であったからである。)。

親から子に対するもので、しつけの枠を明らかに超えるものは児童虐待と呼ぶ。このような認識の変遷を受けて学術的には家庭内暴力とは家庭内で起こるすべての暴力行為をさす。さらに場合によっては、単に身体的暴行に限らず、暴言、支配、恫喝、ストーキング行為などの加害を含む概念で、しばしば性的な暴力、レイプを含む場合もある。

原因として、ストレス、発達障害、精神病、人格障害、引きこもりといった内的要因と、飲酒、薬物使用、非行、失業、高齢者介護疲れといった外的要因との複合など、実にさまざまである。

当事者は原因を性格から来るものと考えることが多いが精神病や人格障害といった病気が内在していることが多い。


専門的な回復方法はこちら



前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談