本文へスキップ


こころの相談室

摂食障害|拒食と過食



摂食障害の特徴の1つとしてあげられるのが、ダイエットがきっかけで拒食になり、その反動から過食になるケースです。

摂食障害は2種類に大きく大別されており、拒食症を神経性無食欲症、過食症を神経性大食症と専門的には言います。

しかし、多くの方が両方併発しておられるケースが多いように思います。

拒食も過食も、同じ食欲中枢の機能障害から来ていると考えており、その時どきの環境において、ラピットしているように思います。

医療支援側の問題点としては、拒食を改善しようと思うと過食になってしまい、過食を改善しようとすると拒食になってしまうと言う事も、多いのではないでしょうか。

私共の患者さんでも、拒食で精神病院に緊急入院され、退院後すぐに過食になってしまわれた方も現在支援しております。

これらの原因は、脳の視床下部と言われる食欲中枢自体が、機能障害を起こしているため、薬物療法や入院、カウンセリングと言った治療法だけでは回復が難しいと思います。

この脳の機能障害自体を、正常にするために、呼吸法や医療気功と言った養生法で、自己治癒力を高め心と体を回復することで、摂食障害も同時に回復することが分かっています。



専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談