本文へスキップ


こころの相談室

摂食障害|偏った食事メニュー
偏った食事メニュー



摂食障害を患われている方の多くが、偏った食事メニューになりがちではないでしょうか。

過食嘔吐の方は、数多く食べ吐きしますので、過食費が負担となり、安価で大量に食べれるものとなりやすく、過食嘔吐なしの方は海藻や野菜、低カロリー加工食品ばかりを大量に食べられる方が多いと思います。

また、通常の時も、過食に誘因されるのではないかという恐怖から、肉類や魚類等を食べられない方も多くおられると思います。

徹底したカロリー計算もされており、食べられる食事メニューは多くを制限されておられます。

このため、本当に食べたいものが食べられず、脳が常に飢餓状態となり、さらに過食を誘発する要因となっているように思います。

また、ビタミンやミネラルのバランスが悪い食事メニューであるため、基礎代謝も落ち、太りやすい体質にもなりやすいのではないでしょうか。

一般の方から考えると、好きなものを食べればいいのでは、と考えますが、摂食障害という病気の場合は、食べる事が出来ない、自分ではどうする事も出来ない病状であると思います。

摂食障害や、多くの精神病を一般の方に理解して頂く事は、難しい部分もあると思います。



専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談