本文へスキップ


こころの相談室

こころの病気治療|脳を温める


日頃精神病患者さんの治療支援をさせて頂く中、よく患者さんにアドバイスする自己養生法があります。
こころの病気が、脳の大脳辺縁系や脳幹が病気と密接に影響している事は、今までにもお伝えしてきましたが、この脳部位を温めることで鎮静化し症状の緩和が期待できます。

具体的には、おでこ全体と目と目の間あたりと、後ろ首筋を中心に、頭全体をドライヤーで十分に温めたり冷やしたりするという単純な養生法です。

これだけで回復するわけではありませんが、呼吸法や医療気功ストレッチと合わせて、日頃の養生をして頂くことで、回復が早くなることが分かっています。


専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談