本文へスキップ


こころの相談室

うつ病の治療法


うつ病の治療法としては、精神科、心療内科による薬物療法が一般的ですが、薬物療法は副作用もあり服用には十分な注意が必要だと思います。

副作用が主症状と混同して、さらにその症状を対処するために薬を服用すると言った、悪循環になっているケースも見受けられます。

薬物療法は、時に有効な治療法である事は間違いありませんが、ご自身が持つ自然治癒力を信じ高めることが最も大切であると思います。

また、急性期には十分な心と体の静養が必要です。

ストレスを回避した上で、安らげる生活環境を整えることが望ましいです。

これからのうつ病の回復には、心理療法と呼吸法や気功、坐禅と言った古来からある、伝統的な養生法を組み合わせ、ご自身が持つ自然治癒力を高め回復させていくことがとても重要と考えます。

伝統養生法では、脳機能障害や体のバランスを回復させ、心理療法ではカウンセリングを中心にして、うつ病になるにいたったストレスや問題となる考え方を改善していくことで回復が期待できます。



専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談