本文へスキップ


こころの相談室

うつ病:躁うつ病と薬物療法


私共の患者さんには、重度のうつ病、躁うつ病の方もおられ、救急車で運ばれ緊急対応するケースもあります。
良くあるケースが薬物療法による副作用です。

薬物療法では、抗精神病薬を数種にわたり処方される医師も多く、体質や体調によっては強く副作用が出てしまい、意識混濁や半狂乱になったり、パニック症状や躁転症状の様な状態になる方がおられます。

この場合、病気の主症状なのか副作用なのかを見極める事は極めて難しく、主症状として誤診してしまうと、さらにこの症状を抑える薬を処方しますので、またさらに状態が悪化してしまうこともあります。

薬物療法は抑うつ気分や不安感、恐怖感、倦怠感など一時的に症状を緩和させるにはとても有効な治療法と考えますが、あくまで対症療法ですので、薬物療法で病気そのものを治療しているわけではないと考えた方がいいと思います。

薬物療法は薬を飲みながら症状を緩和させ、ご自身が持つ自然治癒力による回復を待つと言った治療法となります。

やはり根治療法としての心理療法や呼吸法、医療気功、中国鍼灸、整体、食養生、生活環境改善といった治療法をベースに薬物療法を併用するといいと思います。

もちろん薬は作用と副作用が必ずありますので、飲まないで済むなら極力減らしていくことが望ましいと思います。


専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談