本文へスキップ


こころの相談室

恐怖症


恐怖症とは特定のある一つのものに対して、他人には不可解な理由から、心理学的、および生理学的に異常な反応を起こす症状で、精神疾患の一種である。
近年はフォビアを社会的な嫌悪や忌避の意味で使うことがある(例:ホモフォビア、ゼノフォビア)。

概要

恐怖症は以下の三種類に分けられる。

1.単一恐怖
2.社会恐怖
3.広場恐怖
このうち単一恐怖は、犬やハチなど特定の一種類のものに対しての恐怖を感じるものである。

恐怖症は、不安障害のもっとも代表的な形式である。アメリカの国立精神保健研究所 が行ったある調査では、アメリカ人の 5.1% から 21.5% が何らかの恐怖症を抱えていることが明らかになった。

年代および性別で分類すると、恐怖症はすべての年代の女性において最も見られる精神疾患であり、25 歳以上の男性においては、2 番目に多く見られる精神疾患である。

単一恐怖のうち、恐怖の対象を容易に作り出せるもの(高所、暗所などの場所由来のものや特定の動植物など)については、患者をその状況の中に長時間おいて恐怖に慣れさせることによってある程度改善可能とされる。

種類

広場恐怖症 閉所恐怖症 暗所恐怖症 高所恐怖症 低所恐怖症 失敗恐怖症 飛行機恐怖症 身体醜形障害 嘔吐恐怖症 対人恐怖症 男性恐怖症 女性恐怖症 動物恐怖症 植物恐怖症 クモ恐怖症 先端恐怖症 イスラモフォビア ペドフォビア


専門的な回復方法はこちら



前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談