本文へスキップ


こころの相談室

こころの病気治療|自律訓練法


1932年にドイツの精神科医シュルツによって創始された自己催眠法で、こころの病気を回復するにはとてもよい治療法です。

自律訓練法の構成

一般的な自律訓練法は、次の背景公式と第1公式~第6公式の合計7つの公式からなります。

背景公式
気持ちがとても落ち着いている。
第1公式
手足が重い。
第2公式
手足が暖かい。
第3公式
心臓が静かに打っている。
第4公式
呼吸が楽になっている。
第5公式
お腹が暖かい。
第6公式
額が涼しい。
これらの公式を順に心の中で繰り返し唱え、自己催眠状態になっていきます。
今日では、様々な方法もありますが、専門家のもと行うことが望ましいです。


専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る

 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談