本文へスキップ


こころの相談室

不安障害|社会不安障害 パニック障害 PTSDの治療方法



不安障害は不安感が中心症状になる心理障害です。

分類としてパニック障害、全般性不安障害、恐怖症性不安障害、強迫性不安障害、外傷後ストレス障害、急性ストレス障害に分類されています。

中心になるのは対人に対する不安や恐怖が多いと思いますが、これらの不安や恐怖感は遺伝的要因や成長過程においての教育にも大きな原因があるのではないでしょうか。

これらの病気を発症されている方の、近親者の多くに同じような精神疾患を持たれているケースが、とても多いと言う事も分かってきています。

この不安感や恐怖感は大脳辺縁系の海馬(かいば)や視床下部(ししょうかぶ)、線条体(せんじょうたい)、扁桃体(へんとうたい)と言った脳の部位がつかさどっていると考えられており、この脳部位を治療することで不安感や恐怖感は改善できると思います。

もちろん対人恐怖も、氣が弱いからだとか弱虫だからと考えている方もおられますが、この来呼吸法や医療気功と言った治療をされると対人恐怖も大幅に改善できると思います。

つまり対人恐怖を含む不安感や恐怖感は、病気の症状として考えることができ、気が弱いからと言ったことではないと思います。



専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談