本文へスキップ


こころの相談室

うつ病について


正式には気分障害のカテゴリーに属し大うつ病と呼ばれています。
10人に1人が1度は経験するといわれています。
男性より約2倍女性の方が発症しやすいとされています。
うつ病では気分の落ち込んだ状態が続き、抑鬱気分、興味、喜びの喪失と共にさまざまな症状が出ます。
ある一定の異常の症状が2週間以上続くとうつ病と診断されます。

〇うつ病の診断基準

以下の症状が5つ以上あり2週間以上毎日続くとうつ病と診断されます。
1、抑鬱気分
2、興味、喜びの喪失
3、食欲の異常
4、睡眠の異常
5、焦燥感と制止
6、易疲労性や気力の減退
7、無価値観罪責感
8、思考力や集中力の減退や決断困難
9、自殺願望


〇うつ病の発症に要因

遺伝的要因があるものと環境から来るものとがあります。口唇期、幼少期の体験や他者に対する過度な依存から来る喪失感が自分に向かってしまい発症するケースがあります。
また、児童期、青年期における喪失や拒絶、批判などの経験をとうして強いマイナス思考から発症するケースもありあす。
遺伝的要因として家計に精神疾患を持たれた方が多いことが分かっています。
発症時期はこれらの要因を持たれた方で、若年者から老人まで可能性があります。

〇うつ病の治療法

精神科、心療内科の医師による薬物療法があります。
近年ではSSRIやSNRIなどの薬の開発により飛躍的に効果が期待できるようになりました。
また、臨床心理セラピスト、カウンセラーによる心理療法が近年注目され効果を発揮しています
心理療法としまして、クライエント中心療法、行動療法、認知行動療法、家族療法、森田療法内観療法、遊戯療法、箱庭療法、夢分析、フォーカシング、自律訓練法、催眠療法などさまざまな療法が開発されています。


専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談