本文へスキップ


こころの相談室

抗不安薬



抗不安薬は、マイナートランキライザーとも言い、精神疾患に使われる向精神薬の一種である。
弱い安定剤と言われている様に抗精神病薬と呼ばれるメジャートランキライザーと比べて作用や副作用は弱い。

概要

抗不安薬には、脳神経に作用し、不安(恐怖)・緊張といった症状を緩和させる作用がある。睡眠時の緊張を緩和させる事から睡眠薬として利用される場合もある。パニック障害、不安障害、ストレス障害(PTSD、急性ストレス障害)など不安をともなう疾患に多く利用されている。また、症状によっては内科などでも処方され、手術の麻酔前に投与されることがある。

現在、日本国内において一般的に利用される抗不安薬は、ベンゾジアゼピン系とチエノジアゼピン系に分類されるものがほとんどである。

ベンゾジアゼピン系は以前によく使われていたバルビツレート系に比べ安全性が高く、副作用も比較的少ない。しかし、乱用すれば依存性が生じる恐れがあるため専門医による処方が必要である。特にデパスなど「短時間作用型」に依存性が高い傾向が見られ、メイラックスに代表される「超長時間作用型」では、依存性や禁断症状が少ない。

主な抗不安薬

短時間作用型
エチゾラム(商品名:デパスなど)チエノジアゼピン系。睡眠導入剤として出される場合もある。
クロチアゼパム(商品名:リーゼなど)チエノジアゼピン系。
フルタゾラム(商品名:コレミナール)ベンゾジアゼピン系。
トフィソパム(商品名:グランダキシンなど)ベンゾジアゼピン系。
中時間作用型 [編集]ロラゼパム(商品名:ワイパックスなど)ベンゾジアゼピン系。
アルプラゾラム(商品名:ソラナックス、コンスタンなど)ベンゾジアゼピン系。
ブロマゼパム(商品名:レキソタン、セニランなど)ベンゾジアゼピン系。

長時間作用型
クロキサゾラム(商品名:セパゾン)ベンゾジアゼピン系。
フルジアゼパム(商品名:エリスパン)ベンゾジアゼピン系。
ジアゼパム(商品名:セルシン、ホリゾンなど)ベンゾジアゼピン系。
クロナゼパム(商品名:ランドセン、リボトリール)一般的には抗てんかん薬として使われる。
メダゼパム(商品名:レスミットなど)ベンゾジアゼピン系。
クロラゼプ酸二カリウム(商品名:メンドン)ベンゾジアゼピン系。
クロルジアゼポキシド(商品名:コントール、バランスなど)ベンゾジアゼピン系。
オキサゾラム(商品名:セレナールなど)ベンゾジアゼピン系。
メキサゾラム(商品名:メレックス)ベンゾジアゼピン系。

超長時間作用型 プラゼパム(商品名:セダプラン)ベンゾジアゼピン系。
ロフラゼプ酸エチル(商品名:メイラックスなど)ベンゾジアゼピン系。
フルトプラゼパム(商品名:レスタス)ベンゾジアゼピン系。

その他
クエン酸タンドスピロン(商品名:セディール)アザピロン系 セロトニン5-HT1A受容体作動薬

副作用

大半の抗不安薬はベンゾジアゼピン系であるために、ベンゾジアゼピン系特有の副作用がある。比較的安全と言われているが、アルコールとの併用は奨められておらず、ベンゾジアゼピン受容体の作用でベンゾジアゼピン健忘を引き起こす副作用がある薬剤もある。眠気を誘発するため、自動車の運転などと言った危険を及ぼす作業などは避けるべきである。また長期の服用で依存や急な断薬による離脱症状を起こす場合があるため注意が必要である。ベンゾジアゼピン系の抗不安薬でうつ病を悪化させることがある。

依存性

すべての精神鎮静剤は、通常の治療服用であっても定期的に摂取すると身体的・精神的依存が発生する。
依存者は、不安・不眠・死亡といった離脱症状を起こす。 服用者が精神的依存になると、関数的に薬を必要とするようになる。



専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談