本文へスキップ


こころの相談室

リストカット 



病名として「リストカットシンドローム(手首自傷症候群または手首自傷症症候群)」と呼ばれることもあるが、自傷行為そのものが病気としては一般認知されないため暫定的な呼称である。
自傷行為全般を指して言うこともある。
日本ではリストカットを略して「リスカ」と、リストカットをする者の事は「リストカッター」または「リスカー」と呼ぶことがある。また、日本では腕を傷つけることをアームカット(arm
cut, 略して「アムカ」)、脚を傷つけることをレッグカット(leg cut 略して「レグカ」)という


自傷による症状など

自分で殴る、物を殴る、爪を皮膚にたてて強く掻き毟る、シャープペンシルなどを突き刺す、身体などを壁に強打する、手などを噛む、爪を剥ぐ、火に指を近づける、自ら首を絞める、注射器で血を吸うなどの行為もある。

他にも男性に多いといわれるが、タバコなどで皮膚を焼いたりする方法をとることもある。
女性は胸を傷つけることもあり、性器付近を切ることもある。首や動脈を切る場合もある。


原因と治療

背景となる疾患がどのようなものであるか(境界性人格障害、統合失調症などが多い)によっても治療方針は全く異なってくるので、その評価が非常に重要である

治療は欧米では認知行動療法が主体であり、また併用して薬物療法が行われるが、治療抵抗性が高く、なかなか治りにくい。
また自己申告をする例は極めて少なく、本人が誰にも見られないように行為に及ぶ事例がほとんどである。

また一見してマゾヒスト的行為のように見えることもあり、自己申告に至っても解決しない可能性もある。
認知行動療法のポイントとなるのは、「患者本人および家族に自傷行為についての誤解を解いてもらうこと」や「患者本人が自分に抱いているイメージを改善すること」や「大きな心の支えを手に入れること」であろう。

専門的な回復方法はこちら



前のページに戻る

 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談