本文へスキップ


こころの相談室

何を食べればいいか考えすぎて疲れてしまう |摂食障害



摂食障害の患者さんを治療させて頂くにあたり、良くお聞きすることが、いったい何をどれだけ食べればいいのか考えすぎてしまい疲れてしまうということです。

一見何気ない会話のように思えますが、中医学の5行説という専門的なもがあり、この中でも「胃」と「思考」は連鎖しており、摂食障害を患われている方の多くは、食べ物に限らず人間関係や自分探しと言ったことに思考が極端にまいすぎる傾向がある事が分かっています。

逆に考えますと思考が舞いすぎるため症状が加速するとも言えるのではないでしょうか。

考えないようにすると言っても、難しいと思いますが、考える事が症状につながりやすいことを理解しておくことも大切だと思います。




専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談