本文へスキップ


こころの相談室

うつ病心理療法プログラムとは


うつ病心理療法プログラムは、気分障害をご自身で回復するために、こころの相談室が制作監修したものです。
こころの相談室では日頃心理療法と呼吸法や気功、坐禅と言った伝統的な養生法を中心に様々な精神病の治療回復支援をさせて頂いております。

このうつ病心理療法プログラムは、抑うつ気分、倦怠感、不安感、恐怖感、無気力といった気分障害の様々な症状を治療回復をするために、医療気功ストレッチと丹田呼吸法、心理療法を組み合わせ、ご自宅で自分自身で治療回復が出来るようプログラムしたものです。

医療気功とは、誰しもが持つ生命エネルギーである「氣」を医療に生かしたもので、歴史も深く実績のあるものです。
また、病気の回復には呼吸の改善が重要であり、精神病を患われている方の多くが胸式呼吸で息も浅い方が多く、十分な酸素や栄養が脳細胞に供給できない状態となっています。
この呼吸を改善するために、丹田呼吸法をこころの相談室では採用しており、医療気功ストレッチと合わせて修練下さい。
◆適応できる障害と症状
うつ病
躁うつ病
適応障害
更年期障害
自律神経失調症
抑うつ気分がある方
体がだるく倦怠感がある方
何もやる気がしない方
人と会うのが辛い方


専門的な回復方法はこちら


前のページに戻る


 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談