本文へスキップ


こころの相談室

性障害 性同一性障害



性障害 性同一性障害に関する問題は人間のアイデンティテイの根幹にあって、生活の質に重要な影響を及ぼします。
医学界では3つに分類されています。


○性機能不全

性交渉を行う上で、性に対する欲求、興奮、オルガズムに障害が起き、性交渉が出来なくなった状態を性機能不全といい、性交時の疼痛も含まれます。
勃起障害(ED)、オルガズム障害、膣けいれんが症状として良く見られます。
性に対する嫌悪感や不安感などが心理的な要因となり、症状として表出すると考えられます。

○性嗜好異常(パラフィリア)

性嗜好異常は思考の多様性といった観点から、必ずしも障害とみなさなくなっています。
著しい苦痛があるか社会的に生きづらさを感じ障害となっている場合、または犯罪に至る場合のみ、医学的な障害とみなします。

パラフィリアには痴漢、盗撮、露出症、フェティシズム、窃触症、小児性愛、性的マゾヒズム、性的サデイズム、窃視症、服飾倒錯的フェテイシズムなどがあります。

○性同一性障害

異性に対して強く持続的な同一感があります。
また、自分の性に対して常に不快感や違和感があります。
身体とは真逆の性同一感があり身体的な乳房、ひげ、性器、声などやジェンダーとしてのスカートや化粧などに関して大きな苦痛を感じることがあります。
誤解されやすいことですが、性的魅力を男性女性どちらに感じるかということは性同一性障害とは関係ありません。
日本では性転換手術が済んでいて独身であり、未成年の子がいない20歳以上の方であれば戸籍の変更を行うことが出来ます。

○回復方法

これらの障害に対する回復方法として心理療法と、伝統的な呼吸法や気功、坐禅と言った養生法が重要な位置を占めます。

専門的な回復方法はこちら

前のページに戻る



 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談
mixiチェック
はてなブックマークに追加