心の相談室公式サイトです
   心の病気を持たれ悩み苦しまれている方
   その家族の方を心理支援させていただきます
   病気や悩みの解決の糸口を見つけてください.x.

摂食障害 過食症 拒食症について


摂食障害は2種類に大きく大別されています。
拒食症(神経性無食欲症)と過食症(神経性大食症です。

〇 拒食症 神経性無食欲症

特徴は痩せているのに,まだ太っていると思い,さらに痩せたいという願望を抱いているのが特徴です。
俗に言う拒食症です。

〇過食症 神経性大食症

俗に言う過食症です。無茶食いを繰り返します。
体重の増加を防ぐため、自己誘発嘔吐、下剤、浣腸 絶食 過剰な運動などを代償行為として行います。
これらの原因については,遺伝や成長過程の家庭環境、脳機能障害などが関係していると考えられます。
また、社会的文化的に太ることへの恐怖感や,歪んだボデイーイメージもあるようです。
 
摂食障害と、その他の精神病と併発しているケースも多く見受けられます。

向精神薬の副作用として過食、拒食が症状として表出しているケースが多くあります。
主たる障害の症状なのか、薬から来る副作用なのか厳密に判断していかなくてはいけません。


摂食障害の治療法

一般的な治療法としては、薬物療法やカウンセリング、入院治療が代表的ですが、現状良好な回復が出来ない事が多いです。
これからの摂食障害の治療法としては、心理療法と古来より伝わる呼吸法や気功、坐禅と言った伝統養生法を組み合わせた治療法が、重要な位置を占めると思います。

過食症

過食症

    

過食症
Copyright CocoronoSoudansitu All Rights Reserved.