後頭葉 

視覚情報をつかさどる脳部位

 






視覚的情報は網膜でとらえられた後、視神経、視交叉、視索と経て、視床の外側膝状体で中継され、視放線を経て後頭葉にある一次視覚野に伝えられる。

ヒトの場合、右視野からは左半球に、左視野からは右半球に投射され、これを半交叉という。
片側の半球に左右視野からの視神経が両方とも投射されるため、両眼視差、すなわち奥行き情報の処理に関係すると言われている。
一次視覚野は後頭葉にあり、網膜における相対的位置関係が再現されており、レチノトピーと呼ばれる。
腹側皮質視覚経路は時に、視覚対象の認識や形状の表象(意識にのぼる映像)と関連している。また、長期記憶の貯蔵とも関連している。

専門的な回復方法はこちら

トップページ
ごあいさつ
こころの相談室とは
心理療法とは
伝統養生法とは
問合せ
精神病の説明
精神病の各種テスト
精神病の回復方法

精神病専門無料相談ができます。ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

 こころの病気無料相談