本文へスキップ


こころの相談室

睡眠障害

睡眠障害は、症状によって大きく4種類に分けられます。

〇入眠障害
寝つきが悪く、なかなか眠れない。寝つきに30分~1時間以上かかる場合と定義されている
〇中途覚醒
朝起きる時間までに、何度も目が覚める。中高年に多い。
〇早朝覚醒
朝早く目覚めてしまい、再度眠ることが出来ない。
〇熟眠障害
十分に睡眠時間はとっているが、眠りが浅く、熟眠感が得られない。

不眠症になる要因 としては、身体的のものと生理学的なのもがあります。

1. 身体的要因
痛み、かゆみ、発熱、喘息発作など。
不眠をきたす代表的身体疾患、心疾患 、 狭心症、心不全など
呼吸器疾患 - 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群など
消化器疾患 - 逆流性食道炎、胃潰瘍など
内分泌代謝疾患 - 甲状腺機能亢進症、クッシング症候群など
脳神経障害 - 脳血管障害、パーキンソン病など
皮膚疾患 - アトピー性皮膚炎など
睡眠関連運動障害 - 周期性四肢運動、 PLM、むずむず脚症候群RLSなど

2. 生理学的要因
環境の変化、寝室の騒音、温度、湿度など、睡眠環境としてふさわしくない生活環境。

3. 心理的要因
ストレス、精神的ショック、生活上の不安など。

4. 精神医学的要因
うつ病、神経症、統合失調症など、すべての精神疾患で不眠が発現する。

5. 薬理学的要因
アルコール、タバコ、降圧薬、ステロイド、甲状腺剤などが原因となることがある。

6.向精神薬の副作用
向精神薬による2次的副作用による睡眠障害も原因として考えなければならない

7.睡眠薬による耐性化
睡眠薬服用初期には有効な薬も、長期の服用により耐性化し、睡眠リズムが崩れ、薬そのものが2次的副作用を起こしているケースが多くあります


○回復方法

薬物療法
ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤その他(抗ヒスタミン剤、精神安定剤、抗うつ薬など)
※睡眠薬には習慣性や副作用がありますので、長期の服用には十分注意が要ります。

非薬物療法
規則正しい生活と食生活を心がける
太陽の光を浴びること(体内時計を毎日正しくセットする)。
日中の適度な運動、特にウォーキングを穏やかな気持ちで行うとよいです。。
眠れなくても気にしないで、眠くなったら眠ると言う気楽な考えを持つ。
昼寝をしない。
温かい牛乳を寝る前に飲む。
寝る前には悩みごとなど考え事をせず、楽しいことだけをする。
過度のアルコールは止める。
アロマテラピーによるアロマエッセンスをかぐことで安眠を促す。
ヒーリング音楽による入眠導入も効果的です。


薬物療法とともに非薬物療法が一般的ですが、これからの病気の回復には心理療法や、伝統養生法が重要な位置を占めると思います。
心理療法では心理的な原因を見つけ、考え方や行動を改善します。
伝統養生法では、呼吸法や、気功、坐禅と言った修練を行い、ご自身が持つ自然治癒力を高め、体や心の不調を根本的に回復していく方法が、もっとも回復には有効であると思います。


専門的な回復方法はこちら

不眠症テスト



前のページに戻る



 
精神病専門無料相談ができます
ご自身に最も適応した回復方法をアドバイスさせていただきますので気軽に問い合わせ相談ください。

プライバシーを守りたい方は匿名での相談も可能です
 

 こころの病気無料相談
mixiチェック
はてなブックマークに追加